ED治療にセンフォース!ジェネリック医薬品を通販で

  1. ED治療にセンフォース!ジェネリック医薬品を通販で   >  
  2. ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用

白衣の医者が問診ストップをかける

センフォースをはじめとするED治療薬には、副作用が存在します。

ED治療薬は身体中の血管を拡張する作用がありますので、この血管拡張作用によって様々な副作用の症状が現れます。

逆に、血管拡張作用がなければEDの原因である陰茎への血流不足は改善されません。

副作用が現れるのは、薬の主成分が吸収されているという事でもあります。

ED治療薬における副作用は、服用している9割の男性が経験しています。

症状の内容や現れ方は個人差があります。

センフォースの副作用もバイアグラと同じく、顔のほてりや動悸、頭痛などが挙げられます。多くの人は薬の効果が切れる頃には副作用の症状も落ち着いていきますが、ごく少数ですが副作用が治まらない場合もあります。
その際は必ず病院を受診し医師に相談しましょう。

また、効果の持続時間を越えて勃起が続く副作用も、わずかですが報告されています。

この症状は勃起不能などをひき起こす原因となりますのでこのような症状が出た場合にはすぐに病院を受診してください。

また、センフォースには併用禁忌薬が存在します。
ニトログリセリンなど硝酸剤は併用禁止です。

これらは心臓疾患の方が服用している薬です。硝酸剤はセンフォースと一緒に服用しますと血圧が急激に下がり非常に危険です。

硝酸剤だけでなく、常用しているお薬やサプリメントがある場合は必ず医師や薬剤師へご相談ください。

また、薬だけでなくグレープフルーツも併用禁止です。
グレープフルーツに含まれている成分は副作用を強くさせてしまう作用を持っています。グレープフルーツジュースやウレープフルーツのお酒など、関係する製品は一切摂らないようにしてください。

このように、センフォースも他のED治療薬と同様に注意事項が存在しますのでしっかり頭に入れておきましょう。